2008年03月26日

生きてました

先週までのあらすじ。
あまりに長い沈黙だったので大ダイジェスト版でお楽しみください。

「10月」
浜辺でバーベキューを楽しんだ翌週から米沢に旅立ったAllenは、カゼで体調を崩してしまう。
咳き込みながらも夜の街を彷徨い続け、飛び込みで入ったバーなどでダーツのできる店を訪ね歩くも、有力な情報を得られず、失意のうちに2週間のタイムリミットを迎えて秋田に帰って来たのであった。

「11月」
腰を落ち着ける暇も無く、11月始めには再び台湾の新竹市に旅立つAllen。
しばらくまともに投げていなかったので、いつもの街でいつもの様にダーツを投げようとAllenが向かったダーツバーは、KTV(カラオケBOX)へと姿を変えていたのであった。

「ダーツができる店を知ってるんだが…」
台湾の友人から情報を聞き出したAllenは、噂の店へと向かう。
その友人と向かった先に待ち構えていたのは、スローラインとダーツボードの真ん中に厨房の出口をしつらえた、斬新なレイアウトのアイリッシュパブであった。
フードの注文が入るとゲーム中断、フードが出来上がるとゲーム中断、新しく客が入るとゲーム中断、客が帰るとゲーム中断……。
「もはや新竹には、ダーツを投げる場所が無い…。」裏切られ、傷ついて秋田に帰り着いたAllenを待っていたのは、「01は50。クリケは1.8。」という厳しい現実だった。

「12月」
1年前に雄和での監禁生活が始まってからというもの、落ち着いてダーツを投げられる時間を取れていない。天性の素質も無く、長時間の投げ込みもできないとあれば、当然の結果であった。
GGでダーツを投げてみても、YやCで投げてみても、呑まずに投げても、呑んで投げても、絶対的な投げ込み不足は隠せない。焦りの中で2007年は過ぎ去ってゆき、2008年を迎えるのであった。

「1月」
投げ込み不足を痛感し、今年こそはと奮起を誓うAllenをまたしても運命が弄ぶ。
長崎での1ヶ月監禁である。
だが、Allenには微かな希望の光があった。投げやすい環境ではないが、監禁先の小さな町にはダーツができる店が2軒ある。
到着早々に夜の街を歩き出したAllenが向かったで待っていたものは、無情にも「貸店舗」の看板であった。
「まだもう1軒ある」自分を励ますように言い聞かせながら、残る1軒の店に向かうAllen。
彼がそこで見たものは、貸し店舗ですらなく、駐車場であった……

あふれ出る涙を拭おうともせずに彷徨い続けるAllenに、今年初めての幸運が訪れた。
「Pool & Darts」の看板が!
震える手を隠そうともせずに扉を押し開けた先に待っていたのは、まぎれも無いPool Barだった。
プールテーブル3面、ダーツ2面。これこそAllenが求めていたものだった。
久しぶりの幸運に喜びを隠せないAllenであったが、多少の自由はきくとはいえ、監禁生活である。毎晩投げられる筈も無く、週末に数回投げただけで長崎を後にしたのであった。

「2月」
長崎での監禁生活から開放され、安堵するAllenの元に届いたものは、台湾行きのチケットであった。
「再びダーツのできる店を探すのだ……」誓いも新たに旅立ったAllenだったが、夜市の水風船ダーツの他にはダーツらしきものを目にすることも無く、むなしく2週間が過ぎ去り岐路に着いたのだった。

あらすじ終わり。長すぎ(笑)

さて本題。
ダーツ投げられません(悲)
出張三昧は商売なので諦めていますが、久しぶりに群発頭痛までやってきてしまいました。
このblogの頭痛エントリを紐解いてみたところ、前回は2005年の8月で終わったようなので、かれこれ2年半はオトナシクしてくれていたことになります。
今の所、出力20%くらいの波が一日2回ほど。
小波とはいえ続けて3日ほど来ているので群発期突入は、ほぼ確定。
取りあえずはベンザとアイス買って来るか(諦)
posted by Allen at 17:53| 秋田 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

野外燒烤餐會

GGなべっこ遠足してきました。テーマは猿(違)

Mさん謹製きりたんぽ、Krシェフ特製ちゃんちゃん焼き、ジンギスカン、等々。おなかいっぱい飲んで食って遊んで楽しんでまいりましたよ。

GGらしく集合時間からやや1時間を経過してからgdgdになりつつ場所を決め、成り行き任せで買い物開始。予算も決めずに手当たり次第にかごに入れて、後で割り勘する大人な展開。
なんとなーく先頭を歩いている人についていき、群れは維持できているものの、先頭を歩いている人が積極的にリーダーシップをとっている訳でもない、統率のとれないGGモンキー軍団(笑)

鉄板焼きそっちのけで胡桃に熱中しているお猿さんや、こっしーお嬢が餌無しで釣ったスズキ一匹に目の色を変えて、お刺身用の蝦半パックを投入したものの、釣果ゼロだったお猿さんたちもいましたな(笑)

相変わらずのグダグダ感ですが、すっかりリラックスできるのは、自分がグダグダ体質だからなんだろうなあ(惚)
posted by Allen at 21:27| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

ご無沙汰しとります。

ご無沙汰しております。
仕事の方は相変わらずで、9月はまたまた東国原さんの国に行ってきました。んで、またしてもフェニックスカードを忘れて行き、とうとう三枚目を購入(笑)
結果の方は、あまり投げていない割には、良い感じでありました。
数字は大したこと無いけど、BEDだの馬だのと割と派手めなアワードをちりばめた、Kzぷろばりの「華のあるダーツ」ができました。

ただ、宮崎には魔物が棲んでいるらしく、馬、7が絡んでいるのに最終的に2点台しか出ていない上にゲームも負ける、別のゲームでは終盤16BEDで144点も加点しているのにまだ追いつかない、等々のオカルトな現象を見てきました。
AA(Rt.14)な人だと知らずにゲームしてスト勝ちした後、相手がAAだとわかってからリベンジされて701パーフェクト(最後は51をシングルに外してD17)、クリケも6.5出されてタコ殴り状態とかもありました。宮崎に行く人は要注意です。お札を用意するか、御祓いをしていった方が良いかもしれません。つか、天孫降臨の地に失礼ですな。

さてさて、最近は家ではほとんど投げていないのですが、涼しくなってきたのでそろそろ部屋でも投げ始めようと思います。部屋で投げ始めるとアレコレと気になって、また改造しちゃうんだろうなあ(愚)

最近はあまり考えずに、その場で入ればいいやって感じで投げているのですが、投げた後に「違うなあ」と感じることが多いのです。
やりたいことはシンプルなんですけどねえ。

1.過度な前傾に注意。7:3くらい。
2.肘からの垂線より前にセットしない。
3.「ゆっくり」「まっすぐ」倒す。
4.ダーツを送り出すように手を伸ばし、フォローはターゲットに伸ばす。

なんでコレだけのことが出来なんでしょうねえ。
三本投げるとスタンスを忘れ、足に意識がいくとセットがバラバラ、セットに気をとられるとテンポを忘れる……
ゆっくり倒せたときはフォローも伸びるのですが、ついついテンポが速くなりがちで、ドタバタとした投げ方になってしまいます(涙)

あまり考えすぎていつぞやの様にギクシャクしてきて、イップス一歩手前まで来ちゃうのも嫌なので、出来ないときには開き直って「入ればいいや」って投げてしまいますが、コレがフォームが固まらない理由ではないかと思い始めています。
どうせ大して入らないんだから、イップス覚悟でムリムリやってみようかなあ……
posted by Allen at 11:25| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

7.0!

昨夜出しました。ロボ4が(笑)
6Rの時点で、自分が15以外は閉まってマークは先行。お互い点数も入っていたので、最終的にはこっちも4.0は打ってたんですが、馬、7マーク連発で逆転、黒2発で終了〜

大会でやられたらへこむだろうなあ(笑)
posted by Allen at 09:25| 秋田 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

新理論!

東国原さんの国に行ってきました。
記録的に大きな台風と遭遇するも、要塞のような工場の中にいたので全く影響なし。朝タクシー待ちで少しぬれた程度でした。

随分前にお酒とダーツの関係を書いたのですが、最近になって、「呑むと入る原因はコレじゃないか?」と気がついたことがあります。

まずは症状の確認から。
自分の場合、入らない時は大抵落ちます。
18を狙うと4に、Bullを狙うと3に入るといった感じです。

次に落ちる原因として有名なのは二つ。
前傾しすぎか、リリースが遅いのが原因ですね。

さて、お酒を飲んだ場合、人はどうなるか。
泥酔状態だと千鳥足で、まっすぐ歩くこともままならないほどバランス感覚が狂います。
そこまで飲んでいなくて「まだまだ酔ってないよ」って思っていても、酩酊状態は進行しているはずですね。

さてさて。本題。
ぐらぐらと揺れるほどは酔っていないが、ある程度バランス感覚が鈍くなると人はどうなるか。

「無理な前傾を維持できなくなる」

勝ちたい気持ちが前に出て、「いつもより多く傾いております!」の症状が自然に緩和されるわけですね(笑)
前傾すると不安定になるから、自然に軸足に重心が乗る状態になります。
二大原因のうちの一つが自然に解決される方向に進むと、自然に「届かないから力が入ってリリースが遅れる症状」も改善されるという一石二鳥の効果が期待できるわけです。

ダーツするときは呑むべし(違)
posted by Allen at 11:03| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。