2007年04月23日

ペナンの印象とか

ペナンには結局3週間ほど滞在していました。
世界的に有名なリゾート地なのに作業服姿の出張でしたけど(笑)

で、どんな感じの場所だったのかというと、やはりゴチャゴチャとしたアジアンな町でした。住民の約半数が中国系(福建が多い)だけあって、町には中華な看板が溢れていますし、中華好きな自分は、あまり困ることは無かったなと。

まずは、長期滞在で最大の関心事、食事。
朝はホテルで朝食をとっていました。中華メインで、カレー系あり、和食も少々ありでまったく不自由なく暮らせました。特に、中華麺を自分で湯がいて食べるスタイルがお気に入りで、後半はほぼ麺+果物ですごしていました。

平日の昼食は社員食堂でした。
こちらはチキンカレーとお魚カレー、あとはミーゴレン、ナシゴレン系と中華系がミックスされたような焼きそばとチャーハン。
ハンバーガーとかもありましたが、何の肉なのか不明なのと、品切れだったのでチャレンジせず。
カレーとおかず2品くらい、日本の食堂の1人前くらいの量で最大とられても5RM、200円以内でした。

休日のお昼は、ホテル近くで食べていたのですが、1日だけ雨に降られてホテル内の日本食レストランで食べましたが、日本のデパートの食堂レベルはクリアしていましたね。
成田空港のボッタクリな和食レストランよりは、質も値段も充分満足できました。
他には、タイ料理、インドカレーにチャレンジしてきました。
タイはグリーンカレーとその他炒め物系を食べたのですが、まあまあ、そこそこ、まずまず……。「美味い!」ってほどでもなく、まずくて食えないほどでもなく(笑)
インドカレーは美味かった。値段も高かったけど。
3人前50RM、約2000円。

さすが本場なインド人のお店だけあって、ビーフカレーは無し。
久しぶりにおいしいラム・カレーを頂きました。タンドリーチキンも美味かったし、他のチキン、シーフードのカレーも美味かった。

夜はほとんど毎日、ホテル近くの屋台村で食べていました。
点心、ミーゴレン、ナシゴレン、日本のラーメン、ステーキ、海鮮串焼き、福建麺、香鶏排、火鍋などなど、いろんな屋台に取り囲まれた広場で、大体1人前が5RM以内。ビール大瓶が12RMなので、一人前で高くても30RM(約1000円)もあれば、おなかいっぱいで動けないくらい食べられます。

イスラムな国なので、豚はNG、インド系も多いから牛もNG。となると、安心して食べられるお肉は鳥系と羊。
やはりこれらを使っている料理と、島なので海鮮系はおいしくいただけました。

次は飲み屋さん情報。
外人向けのお店はやっぱり高いですな。
キャッシュオンデリバリーなバーだと、ワンショット12RM〜20RM。800円くらいまでってところでした。
おねえちゃんが付くスナックスタイルのお店も行きましたが、高いっすな。
二人でボトル入れて、お姉ちゃんを指名して一人2万円。多くは語るまい(笑)
ショットバーで本でも読みながら、ウイスキー2杯くらい飲んで帰ってくるのが一番いいです。静かだし。

今回は日曜日に一回外に出たくらいで、観光らしい観光はしませんでした。
有名なビーチには行ってきましたが、のんびり感は良かったですね。
人が少ないキレイなビーチで、日本の海水浴場のようにやかましい音楽も無く、木陰でゆっくり本を読んでいるおじさんとか、本当に「のんびり感」を楽しんでるなあと。ばたばた遊ぶ場所ではないですね。

そのほか印象的だったのは、多民族国家なこと。
インド系の両替商、中華系の料理屋さん、肌の色や、言葉の違う人たちが普通に混ざって暮らしていて、看板の文字もまちまち、でも、町や国としてはひとつの色があって……
今まで訪れた国は、日本と同じように圧倒的多数の土着民族と少数民族って構成だったので、宗教も肌の色も言葉も違う人たちが、ごく普通に混ざり合って暮らしているのは、初体験。
アメリカ(行ったことないけど)のように、移民で成立している国とは違って、もともと先祖代々土着の人も居て、そのほかに近くから自然に流れ込んできた移民が居て、そのうえ今現在も商売やその他の理由で多数の人が出入りを繰り返している国ってのは始めての体験だったので、驚くことや、感心することがたくさんありました。機会があれば、書いてみたいとも思いますが、今回は時間切れで終了。

これからまた、通常運転の日々かと思いましたが、今週はまたまた協和、5月連休は松本、終わって帰ってきたら6月はまたマレーシア。寅さん的生活はまだまだ続きます……
posted by Allen at 11:08| 秋田 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カレーってすきー
Posted by BlogPetのCatch at 2007年04月25日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。