2005年06月15日

台湾出張記3

台湾出張も1週間が経過。やっと1/4で台湾出張記の第3回。今回はダーツの話題。
まあ、緩い仕事で、毎日帰りが早いので、毎夜付近を徘徊している訳ですが、ダーツバーはまだ見つかりません(笑)
今日は雨だったので、付近の餃子屋で水餃と鍋貼(焼餃子)で夕食。で、真直ぐ帰るのもつまらないので、街をうろついていたら10元ショップを発見しました。ただいまのレートは0.28くらいなので、30円ショップといったところ。
店内をうろついていたら、ペーパーコイルのダーツボードを発見したので、早速購入して、設置してみました。カーテンレールから、ヒモで吊るしてあります。後はカーテンだし、下はカーペットなので、隣や下への騒音も無いので、夜でも安心仕様です。

darts1.JPG

設置後はこんな感じです。

部屋.JPG

なんか小さいです(´Д`;)
ベタですが、タバコ置いてみました。

darts2.jpg

さすがに10元という訳にはいかず、49元。200円弱(笑)値段に似合って小さいのかなぁ。
日課の玉突で遊んだ跡、すこし投げて見ました。ダーツは出張セットに入っているので、常時持ち歩いているのですが、さすがにコンバージョンは無い(笑)
ソフトティップだとポロポロおちるので、付属のショボイダーツで30分ほど投げた結果、結構遊べる事がわかりました。が、ここで問題が発生。

空調の風で投げたダーツが流されます(涙)

そんなこんなで、クソ暑い中空調を切ってさらに30分。
このまま投げてたら脱水症状で死亡しかねません。前回行った光華市場でハードダーツを売っていたので、次回の台北行きの時にダーツも買ってしまえと云うことでしょうか。でも600元だったしなぁ。約200円つうと、ダーツボードより高いじゃないか(笑)
明日、10元ショップで鉛筆削り買ってきて、ソフトチップの先を尖らせて再トライしてみます。
posted by Allen at 01:10| 秋田 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

あぶり出し

今回の出張は米粉の街へ行ってきます。はじめは2週間と云われていたのですが、今日届いたチケットを見たところ、6/7出発7/3着。本荘大会出場は絶望的です。

土曜日は午後から例のS君と秋田のB店にLIVEを投げに行ってきました。
もう、コメントしたくない位ボロボロだったので、ゲームについて多くは語らない事にします。
さて、行きの車の中で、このblogのことが話題になったのですが、結構読んでるみたいですね。>G店、Y店関係者。
以前からチョロチョロとカマを掛けて来る輩も居たので、薄々気がついてはいました(笑)。
ほぼ確定しただけでも5,6人は読んでるみたいですが、なかなかカミングアウトしてくれません。

そんな訳で、焙り出してみます
私に誰だかわかるようなコメントを書き込んでくれた人に台湾土産をプレゼント。
例えば、「車のフロントが壊れているけど、直す気がないKZプロです。」とか「本荘市I.W.HARPER消費量チャンピオンのKRプロです。」などなど。
先着3名様に、ご希望の台湾土産をプレゼントします。2000円以内限定ですが(笑)
こことかを参考に希望のプレゼントもあわせて書き込んでください。

でわでわ、3週間の台湾出張に旅立ちます。暑そうだなぁorz
posted by Allen at 13:14| 秋田 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

チラシの裏です

助手nakanoさんの助手の部屋2ブログバージョンイチロー262のメッセージより。へのトラックバックです。

某巨大掲示板で、有名プレイヤーたちの言動について誹謗、中傷も含めてアレコレと取りざたされている訳ですが、有名税の一言では済まされないほど個人攻撃がきついですね。
地方の一般プレイヤーの視点でみると、メディアに露出している有名選手達よりも、地方大会で幅を利かせている二線、三線級のプレイヤーの方のマナーの悪さの方が目に付くので、「そういうお前はどうなのよ?」と思いつつ読んでいます。匿名掲示板で、自分の身は隠しつつ個人名を挙げてマナーを説くなんてのは「言うだけタダ」の見本みたいなものですから、沈黙が最良の対応方法であると思います。

負けたら切れちゃいかんですかね?


自分の場合は、感情の沸点が低いのか小心者なのか、「切れる」よりも「落ち込む」タイプです。
初めてのハウスで雰囲気に呑まれてガチガチに痺れたとき、対戦相手が毎度毎度スローラインからはみ出して投げているのに指摘できなかったとき(笑)、後や横であからさまに大声で野次られたとき、etc、etc。その場で「切れる」ことは多分ありません。プレッシャーに負けた自分のメンタル面の弱さに「落ち込み」ます。Mなんでしょうかorz

現場にも居ませんでしたし、当事者さんたちには、面識が無いので伝聞情報だけでの判断になってしまいますが、今回の騒ぎの発端となったのは、ルール違反をされたその場で指摘せずに、負けた後でごちゃごちゃ言うのは、ルール違反と同じくらいアンフェアだと云うことに尽きるでしょう。おかしいと感じた時点で指摘していれば水掛け論にはなりませんから。

「切れる」行為として、自分が一番嫌いなのは、ゲームで挽回不可能と思えるほどの大差がついたときに、明らかに「ゲームを投げた」ような投げ方をしてくるタイプ。大差がついた01終盤でT20を狙ってCriに備えるとかはアリだと思いますが、力任せにダーツを投げつけたり、左手で投げたりと「こんなゲーム本気でやってらんねぇよ」とアピールするタイプです。
誰でも勝てば嬉しいし、負ければ面白くない。当たり前のことです。引き分けが無いゲームをやる以上は、負けることもあります。劣勢になったのも、1ビットで外れるのも自分の責任であって、ペアや対戦者に八つ当たりされても迷惑なだけです。
当人はその気がなくても、自分の様な小心者から見れば、その「切れた」態度だけでも相当なプレッシャーです。そのプレッシャーをゲームで勝つためのテクニックとして使う人も居ますが、ダーツという競技のオフィシャルな場でそういったスタイルでゲームをする人を、自分は尊敬できないですし、個人的にお付き合いをしようとも思いません。

もちろん、ゲームが終わった後の反省会等で暴れたり、愚痴ったりするのはOK(笑)
プライベートな場所で、「あいつの足が出てるのが気になっちゃって」とか「あのダブルは怪しい」とかを肴にしてつぶれるまで飲むべし(笑)

切れる反面、ある一線を越えて物事が上達する人たちの必要条件の一つに、「切れる」タイプであることが挙げられると思います。負けた時の悔しさを人一倍感じるからこそ「切れる」訳ですし。
特にスポーツはこの傾向が強い。その悔しさやコンプレックスを自分の力に出来る人が一流プレイヤーになる大きな条件だと思います。

自分の場合は、地元で飲みつつ楽しくゲームが出来たり、運がよければハウスで優勝する程度の腕前で充分ですし、それ以上は望むだけ無理っぽいので、それこそ「言うだけタダ」って見本みたいな記事になってしまいました(笑)
posted by Allen at 11:17| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

コシヒカリ、餃子、そしてAQAトーナメント

約2週間のコシヒカリの国への出張に続いて、餃子の国への1泊2日出張でヘトヘトでございます。車での出張は当分御馳走様って感じです。

さてさて、コシヒカリの国では「ゆう遊空間」と某C店、「L-Sailing」さんで投げてまいりました。

「ゆう遊空間」はマンガ喫茶なので特筆することは無し。LIVEを投げたくて行ってきたのですが、1回目は2時間ほど投げてホテルの門限前に撤退。2回目は常連らしきメンバーのマナーが非常に悪く、不愉快だったので1時間ほどでヤメ。テーブル番号指定で入ってるのに、隙があれば他人のボードに投げ出すってどうなのよ。新潟ローカルのルールなんでしょうかね?しかもカード抜かないし。
結果の方はロボ6には勝てるが7には負け。実力そのままですな。

某S店。こちらはお客は居ませんでした。プールテーブルとジェネシスが1台。オサレな空間を目指して見たものの、激しく失敗した感の漂うお店ですw
マスターらしき方は感じが良かったのですが、とにかくお酒がまずくてNG。濡れたグラスでソーダ系のカクテルを出してきた時点で撤退準備完了。持ってる小銭でロボ3と501を少々やってすぐ帰りました。

つづくL-Sailingさんは、大変居心地の良いお店でした。初めからここに来ればよかった。
お酒も美味しいし、お客さんの雰囲気も、スタッフの方たちも良い感じです。
お店の置くにはハードボードがあって、ハードのお客さんが常連さんの主体になっている感じです。また出張にきたら必ず寄るつもりです。Tシャツもオリジナルフライトも手に入れてきました。
今回は出張メンバーと行ったので、スタッフの方、常連さんとは1ゲームしか出来なかったのですが、ダーツが出来るメンバーといってキッチリ投げたいお店でした。

つづく餃子の街への出張では、さすがに6時間も運転したあとには投げる気にならず、おとなしくしていました。

さて、帰ってきて早々にAQA新国道店のトーナメント。今回はSilkのメンバーとのペアです。またしてもファーストをとらされました。目標は3勝だったのですが敢え無く討ち死に。
緒戦はH君ペア。そうですか。早くも潰し合いですか。ということで、01はTONスタートの後70台後半ペース。CriもT20+S19スタートと気分良くストレート勝ち。
2戦目はSocketのメンバー。またしても本荘メンバーの潰し合い。全く当たらず良いところ無し。01はトータルBull3本しか入らず、Criは1.5くらいだった筈です。
ルーザーにまわっての3戦目は元YのスタッフだったAIさんペア。01は92を上がれず1チャンスを逃し、Criは1本差のままBull勝負。負けました。ストレートで。

グダグダのままゲーセンで数千円を使い、居酒屋で反省会の後ボーリング。157点也。
KSK君がターキーを出すも177点。ダーツと同じで出入りの激しいゲーム展開でしたw
その後、本荘に戻りYで代行まちをしつつのんびり泡盛タイム。Cricketpro650が壊れているので、一般的なエレキボードでカウントアップを数ゲーム。ブルセパ、7ラウンドルール。
いまさらハット2連発。大会で出せよ。全部アウターなので6本も入れても150点しかないし。
結果300後半から最高443まで。特に見るべき所は無いものの、このルールで50〜60台なら1本以上のペースなので満足するべきでしょう。

ってことで、今月後半の雑記はおしまい。出張が続くと間があいてしまいがちですが、ぼちぼち続けていこうと思います。でも、6月も殆ど出張予定なんだよなぁw
posted by Allen at 14:27| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

でぃあぶろ

以前、Diablo衝動買いしてしまったいきさつを書いた訳ですが、今回はSaturnには戻っていません。
指が太い所為か、ちょいと太めなバレルが好みなので気になっていたのですが、やはり良いです。

まず気に入った点が、スローラインに入って左手から右手にダーツを持ち替え、グリップポイントを探すときに、バレルの太さで位置をつかめる!
トルピードを使い慣れた人にとっては当たり前のことなんでしょうが、ストレートで刻みの少ないタイプを使い続けていたのでちょっと新鮮です。

シャークっぽく見えますが、刻みはごく浅いので、ここも自分の好みに合っています。がっつり刻みが入っているフィルを投げると、リリース時にほんのちょっとミスをしただけで大きくずれるのが判るのですが、Diabloの方はスローのフォームに気をつければ、リリースはそれほど厳密にしなくても素直に飛んでいきます。
もちろん、ビット祭りを閉幕させるにはリリースも安定させなくてはいけないのですが、リリース時のミスが影響する半径が小さいに越したことはありません。

リリース時のミスの影響が少ないということは、飛びも安定してきれいです。
自分なりに完璧に近いスローイングが出来たときに「スパーン!」とインブルに当たるのでとても気分がよろしいw

逆に、極端に前重心なSaturnは、コンバージョンをつけてもさほど気にならなかったのですが、Diabloはコンバージョンを使用すると明らかにと飛びが変わるので要注意です。

結果の方は、数字的にはあまり変わって居ませんが「外れたときはビット」な回数が増えてきました。相変わらずの1ビット祭りですが、グルーピングが出来ていれば良しとして、のんびりですが、スローイングを固めつつ、リリースも調整していくことにします。
しばらくは浮気をせずにDiablo一本に決めてみようと思います。

とか書きつつLinkにTripleightを追加してみたりw
posted by Allen at 17:44| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

ネガティブ?ポジティブ?

またまた出張に出ていたのですが、今回は何もしないで帰ってきました。ダーツもしませんでしたが、仕事もしていませんw
激しく混雑している連休終盤の新幹線に乗り込んで、餃子の町についた頃には疲れ切っていたので、初日はおとなしくコンビに弁当を食してホテルでお休み。
翌朝、客先の受付で担当者に訪問を告げると、

「ごめんなさい。今回は中止になりました。」

結局、連休ラッシュの新幹線に乗って、コンビニ弁当とラーメンを食いに行っただけでした。
前回の出稽古で見つけたお店に、1回くらいは投げに行きたいなと思っていたのですが。

そんなこんなで、4,5日は出張している予定だったので、出張前にYで投げてきました。
マスター相手に、301(Master out)&Cri、全て後攻スタートでストレート3勝。
相変わらず01の削りはグダグダですが、Criは5,6,7マークが頻繁に出て、3点台後半な感触です。黒崩れのハットが出たりで、「好調の波を掴みかけたかな?」ってところで、KZくん登場。

苦手ですw。ダーツで「勝てない人」って感じな苦手意識がぬぐえません。一緒に投げたり飲んだりしていると楽しいし、よくゲームもするのですが、どうにも勝てませんw
自分がダーツを始めた頃に絶対的な技量差があった人との対戦は、メンタルのゲームなダーツなだけに非常に投げづらいです。常勝とまでは行かなくても、3本に1本取れるようになるのはいつになるやら。

んで、飲みつつ、投げつつKZくんと話していたのですが、「ソフトダーツは結局Bullだ」と。
01の削りは勿論ですが、自分の場合、Criでもマーク、点数先行で、圧倒的に有利な状態でも、Bullにモリモリと盛られて負けるケースが多すぎです。
月末にはまたまた、大会があるはずですし、調子が上がり気味の今、Bullの集中練習で「当たる」感触をつかんでおくべきなんでしょうかね。

んで、ここまで書いて思い出したのが、人間の脳は、ネガティブな指令を出すのが苦手らしいって話。
Bullに投げる場合、脳が肉体に「Bullを外さないように」と命令を出すよりも「Bullに入れる!」と思って投げる方が、良い結果に繋がりやすいと。
勝っていても、負けていても、「Bullに1本入れて勝とう」と考えるのと「3本ともBull外したら負けだ」と考えて投げるのでは、結果に大きな違いが出てくるのは、自分でもよくある経験です。「1本目でドスンで終わりだ!」なんて、強気に考えているときは、案外黒に入ってしまうことが多いですしw

自分の苦手ゾーンを集中して練習するのは、テクニックの反復練習の意味よりも「練習のときに投げたように、ここにはこう投げれば勝手に入る」と、意識を変える効果の方が大きいのかも知れません。自分も大の苦手だった18が、いつの間にか好きなターゲットに変わってしまいました。今でも4に落ちることが多々ありますがw、「1本落としても2本で4か6マーク」と思って投げると、4に落ちた後でのリカバリに成功することが多いですし。

ともあれ、ターゲットの得意不得意も大事ですが、KZ君への苦手意識も克服しなくてはw
posted by Allen at 11:48| 秋田 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

春の1ビットフェア開催中!

てなわけで、春に限った訳じゃないのですが、1ビットフェア開催中です。
昨夜は、G.G経由で初めて行くお店に行ってきたのですが、いつにもましてひどい有様。
01ではBull直下の3、それもギリギリ1ビットに最低でも10本は入れてしまいました。
Criでも19狙えばビット差で7トリだったり、16でもスパイダーギリギリでシングルに3本でやっとクローズなどなど。立ち位置の問題なのか、姿勢の問題なのか、スローイングの問題なのか。全くどれから手をつけて良いのかよく解らんです。

途中から、上体を気持だけ起こすようにして投げ始めたら、やや改善されたようなのですが、ゲーム中に夢中になると、知らず知らず前のめりになってしまい、ダーツを構える腕が前へ前へと倒れていく癖は、意識してもなかなか治りませんorz
ある程度アルコールが体内に浸透してくると、リラックスして投げられる所為か、上体が起きてきてそれなりに入るようになるんですがねぇ。

最近の課題。
引いて来るときに肘を動かさず、折りたたむようにすること。
たたんでかえすだけなら、肘が無駄に動かずに、手先が下がりすぎることも無いはず。

上体を倒しすぎない。足への配分は前60、後40くらいのつもりで。
力が入ると前に倒れる癖を直すこと。

構えたときは、腕の角度を90度か、やや体側に。ボード側には伸ばさないこと。
前に構えすぎると、倒す動作が難しくなる。

ダーツを持ちすぎない。早めのリリースを心がける。

スローイング、フォロースルーは中指に注意。
人差し指じゃなくて、中指をターゲットに向けるようにする。

以前から、ポイント自体は変わっていないと言うことは、全然出来てないってことかw
せめて、一つでも二つでも自分の物にしたいんだけどなぁ。
posted by Allen at 15:00| 秋田 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

風邪で意識レベルが低下しておりました

ってことで、本当に久しぶりに本格的な風邪をひきました。
実はワタクシ、少しおつむがヨワいのか、風邪をひきません。
大抵は、鼻たれか、少々喉が痛いかなぁって程度で終わりです。今回みたいに熱が出て、鼻水でティッシュ二箱使い切り、喉が痛くて食欲も無い状態は、滅多に経験しないので緊急事態です。
どのくらい緊急事態かというと、こんなものが突然配達されてくるほど、判断力、意識レベル共に低下していた位に緊急事態でした。

ふと魔が差したとしか思えません。
当日は38度を越える高熱でベッドでオトナシクしていたのですが、ふと、寝たままネットを始めてしまいまして、いつもの様にいつもの巡回コースを散歩した後、またまた、ふと「羅刹、虎徹って、今日辺りが発売日じゃなかったっけ?」と、思いついて羅刹のページで売り切れを確認した後、「やっぱり刻み浅いよなぁ。買うとしたらVenusだな。」と、再確認。

ここまでは冷静だったんですがorz
その後、王冠リングが残り1個しかなかったのと、ティップも残りが少なくなってきていたので、消耗品を纏め買いしようと、某ショップのページを巡回して、普通に欲しいものをトレイに入れたところで、そのショップからメール着信。「ディアブロ売ってるよ〜ん」って、タイミング良すぎます。
「今日は見るだけだよ」とか、つぶやきつつディアブロページへGO。欲しかったVenusに激似ですw「見てるだけ、見てるだけ」とか弱弱しくつぶやいていたのですが、判断力が弱っているというか、元々意志が弱いと言うか、いろいろ言い訳を書いてみたものの結局は物欲に負けて買っちゃいました。

風邪が治ったら、がんがん投げるぞぉ!って、最近買いすぎ。フィルも買っちゃったし。
結局はSaturnに戻ってくるんだから、買わなきゃ良いのにorz
posted by Allen at 17:52| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

系列とか

えーと、無事に3週間にまたがった出張から戻りまして、殆ど投げていない状態で遠征に行ってまいりました。
今回はグチだの我侭だの書き放題なので、不愉快なものを読みたくないって人は読まないで頂戴。

地元から、100kmほど離れた町で開かれた、数店舗合同の大会に出てまいりました。
出張中にSくんからメールが来まして、「予選701-Cri-701ダブルス&901トリオス勝ち点制で、決勝は901-Cri-901トリオスでやる、ちょっと大きな大会があるから出ないか?」と。
地元の大会は出張中で出られなかったので、何も考えずにエントリーをしました。ま、普通に考えたら何処が仕切っているか想像つきそうなもんですが、そのときは反射的にエントリーを申し出てしまいました。

有名プレイヤーさんのblogなんぞを拝見していて「系列とかしがらみ捨てて投げたいね」なんて書いてあるのをのほほ〜んと見ていたのですが、今回はその系列ってやつの弊害で初めて被害を受けました。
1ゲーム投げたところで、K君がぼそぼそと「Tシャツダメだってよ。上着着て投げてくれって」と囁いてきました。大会を某系列が仕切っていたのですが、田舎の小さなダーツバーのオリジナルTシャツもダメだってか。ケ○の(ryの小さいことで。つか、オフィシャルにダメだとアナウンスするならまだしも、個人的に「ご遠慮ください」って言って回るのはどうかと。
数店舗合同の大会なんて、ちょいと投げる人なら、ホームのTシャツやらポロシャツやら着て出るのは普通でしょ?着られて困るなら初めから告知しとけと。系列以外のユニフォームは禁止だって、募集要項に書いておけと。
地方都市の大会なんて、参加者集めるの大変だからわざわざ近隣の地域の箱に呼びかけたんじゃないの?
開会の挨拶や閉会の挨拶で、遠方からの参加で盛り上げてくれてありがとうって言ってたのは口だけだったのかね?
地方のダーツバーのハウス大会なら、スローラインが多少ずれていてもご愛嬌で済むけど、「大手が仕切ってやってるんだから、言うこと聞いとけ」ってでかい顔するなら、エントリー終わって30分以上も練習した後で「スローラインが40mm長かったので直しました。あと1スローずつ練習したらゲーム開始です。」なんて、お粗末過ぎるんじゃないの?
それぞれの箱が小さいから、予選会場を分けるのは良いアイデアだと思うけど、決勝トーナメント進出者が集まってから、あわててトーナメント表を手書きで作り始めたり、開会時には告知も無かった店舗対向ダブルストーナメント始めたりってのは、泥縄にも程度ってものがあるんじゃないの?
見た目は大盛況でも、参加者側にとっては座る場所も確保できず、疲れてしまってモチベーションを保てないなんて状態はどうかと思うけど?

試合の結果的には、予選は突破して決勝トーナメントには進出したものの、トーナメントでは敢え無くFO。つか、あそこが仕切る大会は2度と行かないと思わせてしまうようでは、がちがちにロケーションを縛っても客が離れるだけだと思うんだけどねぇ。
posted by Allen at 19:58| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

到着&ハウスの結果

ちゃんぽんの国に無事到着。出張前に九州で大きな地震があったので、どうなることかと心配していたのですが、こちらは揺れたものの大きな被害は無かったようで一安心しています。近県では被災して避難されている方も大勢居るようで、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

さて、日曜日はAくんの卒業&送別ハウス大会がG.Gで開催されました。
参加者は僅か10名。ダブルスのラウンドロビンで行われました。全く当たらず全敗。ダーツ辞めたくなりましたw
事情があって大遅刻しまして、アップもしないで投げてしまったのですが、遅刻したのは自分なので、言い訳出来ませんね。ペアのJくんも寝坊大遅刻で、ほぼ同時に到着。お互い良いところ無しでした。01は50点台、Criは2点台前半って所なので、もうお話にならないってのはこのことかとw
ストレートで負け進み、結局取ったゲームは2ゲーム。01とCriを一つずつ。54残しを、S18D18で上がれたのがたった一つの慰めでした。

優勝は、主役のA君。決してラッキーな結果ではなく、順当に勝ち進んだ結果なので、おめでとうさんでございました。真面目なコなので地道にコツコツと練習を重ねて、カウントアップも980と1000点プレイヤーまであと一息。就職してもG.Gに遊びに来てくれて、自分たちを揉んでくれると嬉しいなっと。

そんなこんなで、今日はこれから食事と打ち合わせ。そのあと投げに行くべきか行かないべきかw
posted by Allen at 19:43| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

出張用の覚書

今回の出稽古はここがターゲット。
CHARLESTONガルフ。ガルフさんは以前もお邪魔したことがあります。
ダーツなびとか、DARTSLIVEのリスト、ダーツ料金表にも載っていないお店って結構ありますね。
今回は頭痛が来ないことを祈ってますw
posted by Allen at 17:02| 秋田 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

悪戦苦闘中の覚書

まずはスタンスと上体。
○右足は、指先の線をスローラインに沿わせる感じで。あまり意識しない。
○左足は、肩幅分くらい開いて、ちょいと前に出す。
○右足に体重を乗せ過ぎない。前傾まで行かないところで止める。
◎猫背は止めとけ。

肩、腕、グリップ。
○右肩が下がり過ぎて、前傾しないように注意するべし。忘れない程度で良し。
○左肘を身体に沿わせ、ヘソより左側でダーツを握るべし。
◎右腕を前に倒しすぎない。垂直程度がちょうど良い。
◎グリップしたとき、中指が不必要にダーツに触れないように注意すること。

狙って、スローイング、フォロースルー。
◎ライン。不安定なので、意識はすること。毎回見えるようになるはず。
○大げさなフォワードプッシュはしない。テイクバックのきっかけだけで良し。
◎テイクバックはゆっくり倒し、手首を動かしたり、絞らない。無駄に動くとブレるよ。
○スローイングは、ダーツよりも中指でラインをなぞるイメージで。速すぎないこと。
○高さは揃うんだから、ゾーンは無理に意識しなくて良い筈。
○フォロースルーで止めた手のひらが、下を向いていること。中指はターゲットへ。
○フォロースルーで手が伸びないときは、動きが早すぎる。ゆっくりゆっくり。

その他いろいろ。
◎ダーツは必ず3本とも左手に握ってからアドレスへ。1本目を右手に持たない。
◎3本目のダーツを丁寧に。投げた後すぐに動かない。もう1本投げるつもりで。
○外しても、首を捻ったり、余計な動作をしない。
○深呼吸してからアドレスに入ろう。
◎投げるときに、息してるようじゃダメ。
◎飲めるときは飲んどけ。ソフトドリンクに切り替えると流れが変わる。
◎安易にフォームを弄らない。戻れないんだし。
○自宅ではゲーム形式で投げない。Bull練だけも可。
○上目に投げるときに、右肘の開きに注意。下は前傾しすぎに注意。

つか、書き出してみると、あまりの問題点の多さにめまいがしてきました。
◎つけた10項目が自分なりの重点項目。気をつけるべし。
posted by Allen at 11:58| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

難しいねぇ

昨夜はY経由でGへ。
20時前にマスターにメールで状況確認。誰もいないとの返信をもらったので、ガッツリ練習するために出動。ビールを飲みつつアップを兼ねて19T狙いCU。430くらい。相変わらずフラフラ。
泡盛ハーフロックに変えたところでSくん登場。早速501マスターアウト。上がり目が出た辺りで、某団体がドヤドヤと登場。カラオケ攻撃が始まりそうだったので、ゲーム終わり次第撤退することにしたのですが、既に集中力が切れてしまい、マスターアウトなのにお互い一桁残しでグダグダな展開。諦めてGへ移動。

こちらも他にお客が居ません。Sも自分も金欠気味なので、ハウスワインなどを嗜みつつゲーム開始。CUは500台、E.E.も200にも届かずで、危うい予感が走ります。
メドレー勝負は01負けてCriで取り返し、チョイスで負ける繰り返し。Sも決して調子は良くないとは思うのだが、01は60後半から70台、Criではロバ連れて来たり、家具屋見習いだされたりで3点台キープ。こちらは50後半からなんとか60台、Criは2点台をウロウロしつつも、戦術で食い下がる展開。勝てませんな。
1時間ほど投げたところで、Oくん登場。大会申請用のレーティング取りに協力してメドレー。
01取られて、Criは勝ち。誰とやっても良い勝負(笑)予想通り、Oくんを追いかけてMちゃん登場。ペア戦開始。O-Mペア対S-自分ペア。結果は……勝ったはず。
で、11時頃にYのマスターが店を閉めてやってきました。GのMSさんも他のお客が居なくなったので、全員でペア戦。01はボロボロでしたが、CriはMちゃん当たりすぎ。T20狙ってT18キャッチ、T18プッシュしようとしてT20キャッチでクローズ。ミラクル連発に自分が地道にシングルでボチボチマークして圧勝。Sがギブアップして帰った後、4人クリケット。スコア独走、ブルのみ残ったところで車が来てしまったので、後をMSさんに託して帰宅。楽しかったけど、疲れたぁ〜。
posted by Allen at 14:38| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

楽に投げましょ

巷でうわさのラインとゾーンは、イマイチ理解しきれていないというか、「見えた?」ってときもあるんですが、きちんと意識するこ所までは来ていません。
で、できることからコツコツやっていくことにして、ラインらしきものにスローイングのラインをあわせるところから始めてみました。
yaeさんのKDP.レポートのプリントアウトを手元に置いて、いざ練習。
現状のフォームは、左右の肩のラインと視線のラインをまっすぐにして、その視線上に腕の動きをあわせようという意図で決めたもの。完全なサイドスタンスです。テイクバックからフォロースルーまで、かなり意識していないとストレートなラインは描けません。
小森大王のスローイングライン理論を参考に、まずは腕の動きを探すことに。とりあえず、現状のサイドスタンスで自然に腕を振ってみたところ、どう見ても11のアウターシングル辺りのラインをなぞっている模様。その自然な動きのまま投げてみたところ、11のシングルに見事にグルーピング成功。って成功じゃないのか。この腕の無理に右に持ってきても左にズレ気味になるから、手首で右に撥ねていたのがばらつきの原因か?
という訳で、まずは手の動線をブルに合わせてスタンスを変更。右足は指先のラインがスローラインに揃う感じで、左足はややミドル風味。全部いっぺんに変えると崩壊しそうな予感がしたので、胸とライン云々は一旦忘れました。
素振りを10回ほどやった後、あまりキッチリ狙わずに、フォロースルーにだけ集中して投げてみたところ、Bullより若干T11側に縦にラインを作っています。左足を少しオープン気味にすることで、身体を右方向に向けてみたところ、ドンピシャです。大体ブルの幅で20-Bull-3のラインにキレイに並びます。1時間ほど、フォロースルーに集中して投げ込んでみました。

楽ですw
今までのフォーム改造だと、1時間も投げるとあちこち無理が出てきていたのですが、このフォームでは気をつけるのはフォロースルーだけ。縦ラインはフォロースルーさえできていればきちんと揃います。良いイメージができた所で、今回は終了。次のテーマはゾーンとラインだ!!
posted by Allen at 18:13| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

メインはやはりSaturnで行くことにしました。

'3月6日ダーツ日記:超羊羹理論/KDP(KTM.ダーツプログラム)' ,yaeさんの バールもどきへトラックバックしています。

Phillのハードモデルは相変わらず飛びが気持良いので、末永くお付き合いすることにしたのですが、ソフトモデルの方は、どうしても満足する飛びを実現できません。
ソフト用のボードに投げたり、暗いお店で投げると気にならないのですが、明るいお店や、自宅のブリッスルに投げると、飛びが悪いのが丸わかり。
グリップ位置を変えてみたり、シャフトを変えたり、フライトを変えたり、と試行錯誤をしていたのですがギブアップ。Saturnやハードモデルの直線的な飛びと比較すると、ピッチング系の揺れが気になります。ってことで、3日間、計6時間ほどのトライで断念。重さ、長さは問わないので、ハードモデルと同じ刻み、太さのソフトモデルが欲しい。

気を取り直してSaturnで家投げ。
違うダーツを投げていたおかげで、スローイングが丁寧になっていることと、軽いダーツを投げていたので、腕の振りが矯正されていて飛びが良い。もしかして、Phillモデルでフォーム矯正してSaturn投げると幸せになれるのかも。毎日投げ始めの数セットはPhillを投げるとちょうど良いアップになるのかな?

そんなことを考えつつ、いつもの巡回コースを見ていたら、3月6日ダーツ日記:超羊羹理論/KDP(KTM.ダーツプログラム)を読んで目からウロコがポロポロ。ラインとゾーンって言葉のイメージが、どうにもつかめなかったのですが、やっと理解できました。

「補助線で狙う」のあたりが、イマイチ明確にイメージできないのが残念。読解力不足ですな。
「胸からのライン=視線のラインがあって、そのラインから外れたところにダーツを構え、ダーツからターゲットへのラインを補助線的に使う」のか、「胸からのラインをメインにしつつ、ダーツを構えた視線のラインを補助線的に使う」なのかなぁ、この説明も判り難いしw
ここら辺は今日の家投げで試行錯誤してみることにします。

yaeさんのコメントにもありましたが、こういった記事を読むと、つくづく地方住まいは悲しいなと。
KTM.さんのような方に直接指導を受けるなんてことは、滅多にある機会ではないと思いますが、その恩恵をこういった形で情報共有してくださると、一地方プレイヤーとしては本当にありがたいと思います。メディアを通して、上級プレイヤーの映像を見ては想像し、いろいろと試行錯誤はしていたのですが、今回の記事ですっきりと理解できたところだけでも実行できれば、幸せになれるかなぁw
posted by Allen at 18:13| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

Phill Taylorソフト到着

土曜日にPhil Taylorのソフトが届きました。
予想はしていたのですが、軽い、細い、長い。orz
ハードの太さ、重量感に惚れて買ったのに細くて軽い。グリップ周りの刻みは同じですが、別のダーツだと思った方が良いです。これならSaturnの太さの方がしっくりきます。太さがほしいなぁ。

さて、凹んでばかりも入られないので、漫画喫茶で集中投げ込み。
バタバタです。本家のPhilも決して飛びがきれいなプレイヤーではないですが、それにしても不安定な飛びです。飛形点ゼロです。ダーツの所為ではなくて、自分の腕の問題だとわかってはいるのですが、とても凹みます。バタバタなので、次々とチップが折れますしorz
しばらくしてから、01チャレンジ。軽く701からスタートして、順調に1101までフィニッシュ。1501で失敗。ここあたりから、飛びが安定してきて、70,80台も出てきました。
ポイポイ投げずに、じっくり引くことを心がけつつレベル2ロボと戯れていたら、4.2出されて負け。つか、馬出されたら負けますorz。悔しいのでロボ3とガチで叩き合い。16,15,ブルと空いていて、お互い300点くらい入っていたところで、ロボがいきなりT16、T15、インブル。動揺してしまい、シングルブル1本しか入らず、また負け。
久しぶりにカウントアップなど。7ラウンド目で640台だったので、自己記録711を更新できるかと思ったのですが、意識したとたんにブルが無くなり679。
気をよくして、もう1ゲーム。652。当たるじゃないw
E.Eも375とまずまず。かなり好感触で本日の練習終了。

帰ってきたところで、マスターからメールでご機嫌伺いが合ったので、Yへ。
某社長とブルセパカウントアップなど。今回はT20はやめて、T19で勝負してみたり、ハード01スタイルで、ターゲットが隠れたら別のトリプルを狙ったりで400台、500台をウロウロ。643点で自己記録更新。Hくんを抜いて4位へ浮上。

クリケットは狙い通りの16ダブルベッドやら、猫だ犬だと馬未遂数回の6マーク、7マーク、ブル捲くりではハットが出たり、これが業務用筐体ならアワード出捲くりで楽しかったろうなぁw

という訳で、届いた時には不満たらたらだったPhil Taylorですが、投げ込んだところ飛びも満足できる状態になったし、手になじんできたら楽しくなってきました。現金なもんですw
posted by Allen at 10:33| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

SilverStar PhilTaylor

惚れました。
日曜日の大会までは、ほぼ9割はTrinity のSaturnを投げていました。今でもとても気に入っていますし、ソフトを投げるときには必ず持ち歩くと思うのですが、先週、自宅のハードボードに投げる練習用ダーツを買ってしまいました。SilverStar PhilTaylor。22gモデルです。

バレル自体も長めで、前重心が売り物のSaturnにコンバージョンポイントまで付けて投げていて、しかもミディアムシャフト使用。えらい長さのダーツが20度以上の角度で刺さる。20に2本入るとD20なんて見にくすぎw
ソフトのティップを使用すると5度程度の角度で刺さるので、明らかにバランスが悪いのかなと。自分に言い訳をしつつ、物欲に負けてSilver Starのハードモデルを買ったわけですが、大会直前に違うダーツを握るのは自粛していました。

無事大会も終わり、晴れて解禁ということで、月曜日に投げてみました。
1年以上使い込んでグリップが甘くなったSaturnから、激しい刻みのPhillモデルに持ち替えて、数投してみたのですが、予想通りキレイに飛ばないし、纏まらない。本腰入れて練習してみるかと、投げ込むこと30分。グリップ位置もわかって来たし、無理に投げなくてもキレイに5〜10度で刺さる様になりました。

もうベタぼれですw
1投して2、3本目は1本目のダーツを目標に投げるという、グルーピング練習をしていたのですが、えらいことグルーピングします。
普段の平日の練習は、残業が多いこともあり、晩酌&夕食の後長くても1時間程度しか投げられません。しばらく前述のグルーピング練習をした後、ペンタスロンを1セット。またグルーピング練習で〆ます。一晩にハットかベッドを1,2回出せれば、まあ調子は良いかなと云うレベルなのですが、月曜、火曜あわせて、ハット5回(内1回はハードで初のBlack)、グルーピング練習で狙ったD3、D20、T19でベッド。惚れなきゃ嘘です。
Saturnでも以前よりグルーピングできているので、ダーツの所為では無いと思うのですが、グリップがきっちり決まるようになったのが原因だと思われます。

で、めでたくソフトモデルの20gも購入。週末には届くので、外で投げるのが楽しみ。
これがプラセボ効果じゃなければ良いんですけどねw
posted by Allen at 22:23| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

大会結果報告

日曜日に、秋田市内で開催された大会に出てきました。2回目の参加です。参加人数60人。秋田、本荘、横手、湯沢あたりからの出場者が多いのかな?
前回は運転手で飲めなかったので、今回は飲むべし飲むべしと。
申告したスタッツは01-58、Cri2.5のCフラで参加。なぜかファースト指名。パートナーはお店のスタッフ?らしき方。前回のS君のセカンドで3位入賞者。感じの良い方で投げやすかったです。
予定通り試合前に生ビール3杯消化してメンタル面のアップも終了w。以降、1時間に1杯ペースで酔いを持たせればOKな筈です。

1試合目。ホームのメンバーと当たってしまいましたorz。角○君ペアが対戦相手です。
01はお互いバストしあって2周も回ってかなり恥ずかしい展開。なんとか泥仕合を制して勝ち。
Criは20をオープンされるも、S19-S19-T19と理想的なスタート。パートナーの19プッシュ狙いT17キャッチにも助けられ、最初のリードで逃げ切って勝ち。

2試合目。初対面の対戦相手。先ほど泥仕合をやった人とは別人のようなダーツで01勝ち。
Criも相手のオープンスタートに乗じてT20に2本叩き込み、またまたリードを保ったまま勝ち。8ラウンドで終了。自分でも信じられないほど乗ってます。

3試合目。またしても潰しあい。○沼君ペア。
この試合も、あっさりストレート勝ち。01は上がり直前で逆転、Criは逃げ切りのパターンを守っています。

4試合目。Bトーナメントウイナー決勝。初対面の相手です。01またも逆転勝ち。CriはBullで捲られて初めて1レグ落として、3レグ突入。順調にリードしていたのですが、136残しをハイオフされて敗退orz

5試合目。ルーザー決勝。ルーザーで勝ち上がってきた角○君ペアと2回目の対戦。
01は50リードされたまま終了。01を続けて落として嫌なムードです。続くCriは50点ほどリードしつつ2マーク先行で勝ち。勝負の3レグ目。スタート直後に角○君のHat trick炸裂の後TONペース。飛行機飛びすぎw。こちらは1本ペースの70代。200点程差が付いてあっさり負け。このゲームが一番調子が悪かった。
って、酒の所為にしちゃいけないんですが、絶対に勝ち残りたかったので、4試合目巻けた辞典で烏龍茶に切り替えたのが敗因かw

結局、Bトーナメントウイナー決勝で負け、ルーザーに回って連戦のルーザー決勝で敗退という結果になりました。
ルーザー決勝の相手は一戦目で勝てた角○君なので、なんとかあと1勝して決勝トーナメントに進出したかった気もしますが、結果には満足。実力相応かそれ以上のゲームが出来たと思います。

前回、今回を通しての感想なんですが、C,Nの参加者が殆どの大会であれば、フライト分けの必要は無いと感じました。
他店のWEBページ内の自己紹介欄で、LIVEでBだのAだのと書いている人が、サンドバッキングしてCフラのセカンド投げてたりすると、情けなくなります。
コントロールの方も、ゲームの勝敗だけでなく、スタッツを記録したり、上位進出者には次回のエントリー時に補正値を加算するなどの手法もあると思います。ファースト取っている人なら、強い人が勝ち残るのでしょうが、セカンドでの常連入賞者が居たりするようなことが起こらないように、上手なコントロールをして欲しいなと。
posted by Allen at 20:05| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

出稽古

先週まで、餃子の町に出張に行っていました。かなり緩いスケジュールだったので、ダーツを投げに行く時間がありました。

1軒目。ノーキンズさん。ワシントンホテル近くのお店です。なかなか見つからずに、チョット焦りました。ソフトダーツ3面とハード2面。繁華街にあるので、自分のような出張者にはありがたいですね。店内は照明を落として落ち着いた感じです。
オーナーさん?、常連さんのお話では、競技志向のお客さんよりは、エンジョイダーツ系のお客さんが多いとのことです。CUを絡めた変則ハウストーナメントを企画中とか。

2軒目。cafe Round87さん。
DARTS LIVE3面。明るく健康的な雰囲気。女性スタッフもかなり投げます。休日にランチがてらに投げに行きたいお店ですね。スタッフも常連さんもフレンドリーで、遊んでいただきました。お店の雰囲気はとても良かったのですが、悲しいことに、ここで投げたときは全く当たらず良いところなし。健康的な雰囲気は、飲酒ダーターな自分には向いていないのかも知れませんw

3軒目。ダーツ倶楽部 里(ふるさと)さん。NTTの近くです。
広い店内に、ソフト5面、ハードも2面ありました。(台数うろ覚えw)
投げやすいお店ですねぇ。ダーツをするためのお店な感じで、ダーツがメインでお酒を殆ど飲まずに投げ込みに来るお客さんが多いそうです。自分は、お酒>ダーツな環境で投げる事が多いので、ダーツ>お酒なストイック系は無理です。が、雰囲気に負けず、いつもの様にきちんと飲みつつ投げたので、良いゲームができましたw

出張でいろんなところに出かけては投げているのですが、初めてのお店に一人で行くのは下手なトーナメントよりも緊張しますw。お店の雰囲気や常連さんのレベルが全く不明ですから。
地方都市の飲み屋さんだと、常連さんネットワークの中に入っていないと話も出来ず、非常に居心地が悪かったりするのですが、ダーツバーではその手の居心地の悪さを味わったことがありません。共通の趣味があるからでしょうし、大抵は常連同士のゲームに飽きているのでw、まだビールの一杯も飲み終わっていないのに、「じゃ、やりますか」な状態になるパターンが多いです。
スロースターターなので、正直なところ中ジョッキ一杯以上と、せめて30スロー位は肩慣らししたいのですが、断るのも失礼な気がしていきなりゲームして撃沈するパターンが多いですw

今週末は、ちょっと大き目の大会に出てきます。2つくらいは勝ちたいなぁ。
posted by Allen at 13:36| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

案の定

今年初めての出張に出かけて帰ってきたら、やはり好調の波は引いていましたw
年末年始の状態は出来すぎだったので、何れ元に戻るのは覚悟していたのですが、約3週間の天下だったかw

引き続き、Tetsuさんのフォーム、リズムをコピーしようと奮闘中な影響なのか、絶好調の波は引いていった後の悪影響は少なく、結果的にはちょっとした底上げになった様です。

で、最近考えているのが筋トレ。どうしても足元がふらつくので、下半身の強化に取り組んでみようかなと。飲んで遊ぶために筋トレするってのも、入れ込みすぎているようでw、どうかと思うのですが、せっかくやるなら上手くなりたいですし。もともと飽きっぽく、根性無しなので、どこまで続くかはわかりませんが、下半身を中心に頑張ってみることにします。

さて、物欲情報。
今回は、出張の帰りにマキシム@両国に寄ってきたのですが、大きな衝動買いは無しw
自宅練習用にブリッスルボードを導入したので、コンバージョンポイントを買いに行ってきました。レジ横にあった「Road to A Flight」を手に入れました。あとは頼まれもののチップとフライト少々。
仲間内のトレードでは、sunzunのデバステ18gとDMCブラス+2Kで交換。
デバステなんですが、メインのサターンと比べると飛びが優しい。軽いからかなぁ。
似たような形状の銀蜘蛛と比べても、飛ぶときの切れ味が落ちる分、多少失敗しても大暴投してしまう危険は少ないような気がします。

さて、そろそろ投げに出かけますか。
posted by Allen at 19:00| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。