2006年10月04日

DJO秋田!

DJO秋田に行ったよ〜って記事を書いたはずなのに、全部消えてる……(涙)
という訳で、気を取り直してもう一度書いてみます。

えー、10月1日に行われたDJO秋田大会に参加してきました。
今回はペアエントリーで、妙に積極的に参加したがっていた王冠の社長と組んでみました。
社長は5.5申告、自分は8申告。チームレートの上限が25ということは、丁度真ん中、BとCの境目くらいだから微妙なところ。前日Sz師匠から「多分Bっすよ」と脅かされていたのですが、当日ブロック表を見てみたら、やっぱりBに振られていました(驚)
同じ予選ブロックには、湯沢小猿のTkちゃんチームやら、他の大会で良く見かける上手なおねいさん、練習でブルにビシビシと入れていたアンチャンの顔が。
遠くを見渡すと、2瓶さんとか、やはり湯沢小猿のツワモノやら、まあいること居ること。社長と自分のペアが、なぜこのフライトなのか意味がわかりません(笑)

さて、そんなこんなで朝一のゲーム。
悪い緊張が全く無いです。GGでゲームしているのと殆ど変わらずいい感じ。
01の展開は、相手は両方とも80ペースな感じ。こちらは社長が60、自分は最初ノーブルだったものの、ハット含めてほぼ90ペース。チームとしては若干削り負けている感じでしたが、相手が上がりでミスってくれた後、1チャンスの30をダブルで決めて一勝。
前々からSz師匠に「試合でダブルフィニッシュするヤツはアホ」と戒められていたのですが、最近ダブルの成功率が高いので、「いったれー」と狙ってみました(笑)
続くクリケは相手が20に1本、18に1本。こちらは1本外して、T20、S20。次も相手が1本だったので、社長にプッシュしてもらい60点差。相手が20をクローズしたので、こちらは19、18とほぼこの点差をキープしたままフィニッシュしてストレート勝ち(驚)
今回の目標「社長に1勝プレゼント」は達成できました。クリケのスタッツは社長が1.6、自分が3.1とこちらも悪くない感じ。

残り2試合は、結果スト負け2回。とは言うものの、最初に心配していたお話にならないようなゲーム展開でもなく、01は80以上はキープ、クリケも全てギリとは言え3点台をキープしていたので、実力以上の結果にビックリ。
最後に湯沢子猿のTKちゃんチームに負けたのが悔しかったけど(涙)、準優勝チームとゲームになってる試合が出来たんだから、まずは納得ということで(笑)

そのほか、世界のワンタンともほんのチョコッとだけお話できたし、9darts.tvで見てファンになったぬ〜さんともお話できたりしてゲーム以外でも満足満足。
ぬ〜さんは、9darts.tvでの印象とブログの印象とのギャップを不思議に思っていましたが、ブログのほんわかした印象そのままの優しい喋り方でした。握手もしてもらったし、いい人だ〜(笑)

という訳で、DJO秋田の報告はおしまい。
先週から大仙市は協和に監禁状態で、ほぼダーツと縁を切った生活をしているのですが、折角気分が乗っているのでなんとか週2くらいで投げたいなあ。大曲までは40分、秋田までは30分。
寮生活なので、代行で深夜に帰ってくるわけにもいかないし、部屋にはボードは置けないし、どうしたもんかねえ(涙)
posted by Allen at 14:14| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

Sz道場経過報告と、老師への苦情(笑)

Sz道場の経過報告でございます。
大変申し上げにくいのですが、全然分かっていませんでした(呆)
老師の教えの重要項目は1点だけだったんです。

「引きすぎ、力が入りすぎだから、引ききったところで肘が右に行ってるよ」

たったコレだけ。それを直そうとして、何故あんなことになってしまったのかというと、闇雲に老師のスタイルをコピーしようとしたからですね。

「目線で構えて、浅く引いて、真っ直ぐ出す」

全部まねする必要は無くて、まずは一番マズイポイントである、引きすぎを修正するために、引く量を減らすだけでよかったのであります(笑)
ということで、少し前進しました。

さて次の課題は「真っ直ぐ出す」です。
縦ラインは引きでブレなければ上手くいきそうなので、高さをフォローで決めようと模索中です。
最近「コレか?」と思っているのは下の図。

スロー図.jpg

以前は「肘は絶対に動いちゃ駄目」と思っていましたが、最近は「フォローで自然に動くのはOK」と思っています。
ちょっとわかり難いのですが、下の図だと、手の動きのライン(青ライン)が上の図よりも直線的になっているのが分かると思います。
で、ダーツの飛ぶライン(赤ライン)と重なる部分が、上のスタイルよりも、下のスタイルの方が長くなっています。

この重なっているゾーンこそが、ダーツを離すときに許される誤差の範囲なのではないか?というのが、現在考えている仮説です。

また、勝手な仮説を立てて、Sz道場的には異端な流れに堕ちて活きつつありますが、Sz流の老師の教え方がある種の、一子相伝的というか、口伝に尽きるのが、弟子として悩む原因なのだと思います。

「ちょぴっと引いて。もっとちょぴっと」
「ギュッって投げないで、ビュ〜ンって投げて」
「バーンって投げないで、えいっ(はあと)って優しく」

とかの定量的でない、ある意味「長嶋型」の教え方なので、理屈は自分で付けていかないと人にも自分にも説明できないのです(笑)
老師。もうちょっと分かりやすくお願いします(笑)
posted by Allen at 12:00| 秋田 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

Mなのか?

って、Mさんの話じゃありません(笑)

久しぶりに千葉にカレーを食べに出張に行ってきました。
今回はの宿泊は千葉市内ではなく、出張先の近くで、高校時代や予備校時代にぷらぷらしていた船橋市。
羽田に到着後船橋市内のホテルには寄らずに、荷物を持ったまま稲毛のシバにカレーを食べに行ってきました。
今回は組み合わせラムスパイス。同行者さんは組み合わせチキン。
久々のシバはやっぱり美味かった。同行者さんも喜んでくれたようで、足を伸ばした甲斐がありました。

船橋には2泊したのですが、徒歩圏内にはダーツバーが1軒しか無かったので、2回とも同じお店で出稽古にも行ってきました。
まだ、マシンを置いて間もないお店のようで、スタッフさんもお客さんも7.0がリミットといったところ。
料理もお酒も美味しかったし、ダーツは1Regも落とさず全勝しちゃいましたし、楽しいっちゃ楽しかったのですが、なんだか「ダーツ投げた感」が足りない。物足りない。味気ない。勝って楽しいはずなのに(涙)

少なくとも、Yで投げていたあの頃は「勝つ快感」を求めていたはずです。
妖鱒のあの高笑いにムカついて、負けて悔しくて練習していました。勝って笑う日を夢見て。
それが、いつの間にかSz老師やKr師範代たちに調教され続けた結果、痛くされないと喜べない体にされてしまいました。

Sz道場へ入門を考えているそこの君。上記の副作用を充分理解したうえ入門を願い出ましょう(笑)
posted by Allen at 17:55| 秋田 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

飽きた!

休日出勤してるわけですが、飽きたので現実逃避中。
チームG.G.のエンブレム作ってみたり。

seal.jpg

明日から3日間、千葉へ出張です。
posted by Allen at 15:09| 秋田 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

てぽ丼発射実験

さてテポドン。とりあえず家で投げてみました。
とりあえずは組まれていたセットのまま、ナイロンミディアム+スタンダードフライト。
王冠はつけずに普通のリングと、フライトプロテクターはポロポロ落ちてウザイのでつけて居ません。

さてさて、実際に数を投げてみたのですが、明るいところで投げてみると、今までの自分の好みのダーツの飛びと随分違うことが判明しました(笑)
駄目とか嫌いとかではなく、「違う」です。

ラインの上をすべる様に飛んでいくというか、ラインに沿ったチューブの中を滑らかに進んでいくような柔らかい飛びです。
ソフトのターゲットに当たったときも、ハードボードに投げているように、優しく「刺さる」感じです。
自分の今までの好みは、「ギューン、バスッ!」な感じ、テポドンは「ヒューン…サクッ!」な感じですか。Sz老師ばりの擬音だらけなのがアレな感じですが(笑)

そして昨夜は会社飲みの後、鍵君のお店経由でGGへ。勿論テポドン使用。
鍵君とはメドレー1セット。701○Cri×Cri○。負けたクリケは9マークのおまけつき4.8対2.8。そりゃ負けるわ(笑)
勝ったゲームは701は30点差ペースで追いかけて、最後に捲くり勝ち。D1で80台なら満足満足。最後のCriは、前のゲームの鬱憤を晴らすように20に6マークスタートして、鍵君がオープンしたところを消火して行くストーカースタイル。12Rまでかかって2.9だから、コレも100%スタッツってことを考えたら悪くない数字です。

GGではkr師範代とkz老師、ko-skくん、そして、最近出席率の高いハウスダーツ使いの波乗り野郎が先客。が、時間も遅かったので、次々と帰られていつものように残ったのはko-skくんとワタクシ。

ko-skくんとのメドレーは701○Cri×Cri×。
701は久しぶりに先行ペースで進み、最後は1残りをシングルアウトして終了。
続くクリケは3.4対3.5で負け。Bullで打ち負け。
LEG ALLったCriはアルコール後半息切れして負け。
後は101やカウントアップやってお茶を濁して終了。

いやー、テポドン良いです(笑)
posted by Allen at 17:10| 秋田 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。